成人期のADHDの集団認知行動療法専門研修

日時 2020年8月22―23日(土・日)
1日目(8/22) 13:00―17:00
2日目(8/23) 10:00-17:00
場所 JR博多シティ会議室
(福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多駅シティ10F)
対象 対人援助職 80名
(先着順ではなく以下の条件を満たした方を優先して選考させていただきます)

  • 集団認知行動療法研究会主催基礎研修修了者が望ましい
  • 研究会会員限定
  • 研修終了後半年以内に所属機関において成人期のADHDの集団認知行動療法を実施可能であり、かつスーパービジョンを受講できる人を優先します。(スーパービジョンは福岡および東京周辺に在住限定の予定です)
内容 2日間ワークショップと希望者にはその後2回のスーパービジョンを実施。
費用 16,000円
講師 黒木 俊秀(九州大学大学院人間環境学研究院・教授)
金澤潤一郎(北海道医療大学心理科学部・准教授)
松永 美希(立教大学現代心理学部・准教授)
中島 美鈴(肥前精神医療センター・臨床研究部)

内容

  • 成人期のADHDの診断とケースフォーミュレーション
  • 原因仮説に基づいた心理教育
  • 認知行動療法の導入
  • 集団認知行動療法の進め方
  • 基礎から困難事例までのロールプレイ

申込方法

参加申込フォームよりお申込みください

参加申込フォーム

  • SVを希望される方を優先して先着順で選考いたします
  • 定員になり次第締め切ります(研修会全体の定員は80名で、そのうちSVを受講できる方は16名となります)
  • 申し込みの最終締切は6月30日としますが、応募者多数の場合、早期に締め切ることがあります
  • 本研修会はJSPS科研費JP19K03305の助成を受けたものです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *