第13回学術総会(リモート開催)

概要

大会テーマ 集団認知行動療法における「価値」の創出と展開
日時 2022年12月4日(日) 9:30~16:30
開催方法 Zoomによるリモート開催
特別講演 大野裕先生
(一般社団法人 認知行動療法研修開発センター理事長)
参加資格 当会員限定となります
※現在非会員で、学術総会への参加をご希望の方は、早めに入会手続きをお願いいたします
大会長 大橋昌資
(響ストレスケア~こころとからだの診療所)
プログラム委員長 西塚拓海
(札幌鈴木病院)

学術総会は日本精神神経学会専門医単位および、日本臨床心理士資格認定協会ポイント対象です


★プログラム、参加申し込み等については決まり次第、当サイトにて順次お知らせいたします


実践報告(一般演題)を募集しています!

リモート開催となってから2年ぶりの募集となります。CBGTの実践報告としてテーマは問いません。医療、教育、産業、福祉などさまざまな領域におけるCBGTの取り組みをこの機会に是非ご紹介ください。ご発表いただいた方へプログラム委員、世話人等からコメントを予定しております。会員のみなさまには、奮ってご応募頂きますようお願い申し上げます。応募される方は、8月28日までに電子メールにて、下記1~4を集団認知行動療法研究会事務局<cbgta.soukai@gmail.com>までご連絡ください。

  1. 筆頭発表者および共同発表者の氏名および所属機関
  2. 筆頭発表者の連絡先(Emailアドレスおよび電話番号)
  3. 演題名
  4. 演題抄録(指定の書式で作成し、添付ファイルでご送付ください。800字以内)

演題抄録の指定書式をダウンロード(Word 形式)

演題応募(抄録)締切日 2022年8月28日(日)
演題採択通知 2022年9月9日(金)
発表形式 口頭(発表10分+質疑5分)

倫理性への配慮およびCOI(利益相反)について

発表及び研究会誌掲載用原稿において、倫理的配慮及びCOI(利益相反)に関して明記して下さい。倫理的配慮については、世界医師会によるヘルシンキ宣言(その改訂版を含む)等に記載された倫理規約に則し、発表にあたっては十分なインフォームド・コンセントを得てプライバシーに関する守秘義務を遵守し、匿名性の保持に十分な配慮をしたことを明示して下さい。また、所属機関における倫理委員会での承認についても、その内容などを記載して下さい。COI(利益相反)に関しての明記方法につきましては、下記様式をご参照下さい。

(情報開示がある場合)
集団認知行動療法研究会
利益相反(COI)開示
筆頭発表者:〇〇 〇〇

演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業など。
・受託研究・協同研究費:〇〇製薬
・奨学寄附金:〇〇製薬
・寄附金講座所属:あり(〇〇製薬)
※この形式はサンプルです。必要な情報が開示されれば、形式は自由です。

(情報開示がない場合)
集団認知行動療法研究会
利益相反(COI)開示
筆頭発表者:〇〇 〇〇

演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業などはありません。
※この形式はサンプルです。必要な情報が開示されれば、形式は自由です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *