第22回基礎研修会(札幌)

 2016年6月19日に、北川信樹(北大通こころのクリニック)と草岡章大(北海道大学大学院教育学院)を責任者として札幌市での第22回基礎研修会を開催させて頂きました。北海道(札幌市)では、当研究会として2011年の第2回基礎研修会以来、約5年ぶり2度目の開催となりました。
 札幌市では早くからリワークの普及とともにCBGTを取り入れた施設が多く、全国的にも先進的に同治療が実施されてきた地域と言えます。それだけに地域の関心は高く、これまでにも北海道認知行動療法センターをはじめ、毎年同様のワークショップが数多く行われて参りました。そのため、あらためて基礎研修会にどれほどの方々にいらしていただけるのか若干の危惧はありましたが、早々に定員の70名を満たす方からお申し込みがあり、当日は大変盛会となりました。特に今回は医療施設のみならず、事業所や就労支援関連施設など福祉領域の方々のご参加も3割近くと多かったことも特徴と思われ、CBGTの裾野が着実に拡がりつつあることを実感致しました。また、今回は先進地である利を活かし、講師およびファシリテーターは全て道内の先生のみで賄うことができました。このことは指導者も地域で確実に育っていることを示していると思われ、今後の展開がさらに楽しみに感じられました。講師もベテラン揃いでしたので、内容は標準的なものに留まらず、プラスアルファのコツや、これまでのワークショップの経験からさらにいくつか工夫を凝らした構成が加味され、参加者の皆さんの満足度も高かったのではないかと自負しています。
 ただ、基礎研修会に留まっているだけでは、なかなか実践と進歩が進まないということも課題の一つかと思います。北海道では互いの研鑽をさらに進めるために、地域的に行う事例検討会など定期的な勉強の場を設けられるとさらに良いのではないかと考えています。そうして新たな試みや工夫を全国に発信していけるように今後も努力したいと願っております。(北川信樹)

第22回基礎研修会(札幌) 終了しました。

日時 2016年6月19日(日) 9時30分〜16時30分
場所 北海道大学学術交流会館
(JR「札幌駅」下車、徒歩10分)
〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目
https://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/hall/
対象 医療・看護・福祉・心理・保健・産業・司法矯正分野等で、援助業務に携わっている専門家で、守秘義務について監督される機関で研修歴・勤務歴がある方。

<基礎研修会共通プログラム>

  • 集団認知行動療法とはなにか
  • 集団認知行動療法プログラムの運営について
  • 認知への介入
  • 行動への介入

※ グループ演習をしながら学んでいただきます。

<参加費>

  • 会 員(一般) ¥3,000
  • 非会員(一般) ¥6,000

<申込方法>

終了しました。

* HPからのお申込みが難しい場合、メールでのお申し込みも受け付けております。①研修会名(開催日・開催地) ②氏名 ③よみがな ④所属 ⑤職種 ⑥〒住所 ⑦電話番号 ⑧メールアドレス ⑨会員・非会員 ⑩認知行動療法の経験の有無 ⑪臨床心理士資格の有無 ①~⑪をご記入の上cbgta.kiso@gmail.comまでお送りください。
* 本研修会は、「臨床心理士」継続研修機会としても申請予定です。臨床心理士資格の有無もお知らせください。

<申込〆切> 

定員に達し次第、締め切らせていただきます。

* 現在非会員の方で、会員として本研修会への参加をご希望の方の入会申し込みは、5/31(火)まで承ります。その際、入会と研修会の申し込み両方を同時にしていただき、研修会のお席を確保していただくことをお勧めします。入会のお申し込みはこちらへ。

One comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *